注目の記事

オススメリンク

無理なく治療しよう

医師が睡眠時無呼吸症候群を治す|上大岡内科・呼吸器科クリニック

リウマチとは一体どんな病気なのだろうと、疑問に思っている人も少なくないでしょう。
リウマチとは関節または関節周りの骨、筋肉などの痛みがある病気のことで、これらの症状をまとめてリウマチと呼んでいます。
リウマチという病気の名前はギリシャ語から来ています。ギリシャ語では、流れという意味があります。
その由来は、身体中の悪い血が関節に流れて溜まっているためだとされています。
また、リウマチ疾患とされるものには幾つかの原因があります。
それは、免疫の異常や細菌の感染、代謝が悪い、傷や加齢によって骨が変形している、ストレスなどの心因性が原因だとしています。
治療方法も人によって違うので、自分の症状の原因を知り、最適な治療方法を見つけましょう。

リウマチの患者は日本では、約70万人から100万人と言われ、世界各国と比較しても、同じくらいの発症率となっています。
また、発症する年齢層は、30~50代となっており、特に女性に発症しやすいという結果が出ています。
そのため、対象年齢とされている女性は初期症状が見られたらすぐに病院の医師に診てもらう必要があります。

リウマチの症状は、全身に起こる症状と関節に起こる症状とがあります。
全身に起こる症状とは、微熱や体重減少、貧血、リンパの腫れ、息切れなどがありますので、このような症状が見られたら病院での検査を受けましょう。
病気はリウマチに関係なく、早期発見、早期治療が大切です。
早めに診察して病気の症状を改善しましょう。
早期に治療を始めることによって、症状が軽く抑えられ、改善しやすくなることがあります。
リウマチの症状が関節部に起こる場合には、関節が熱っぽくなる、赤くなる、痛みがあるといった症状が見られます。
また、これらの痛みが手首、足首、肩、肘、膝などの関節に次々と移動することが特徴です。

他の疾患まで引き起こしてしまう可能性があります。糖尿病改善をするためにはどのようなサプリが必要なのか知っていると良いでしょう。